Köln ケルン

ライン川がゆったりと流れ
世界遺産の大聖堂がそびえる

ライン川が流れ、歴史ある建築物が多いこの街は、今も中世の面影を残しています。世界遺産のケルン大聖堂はICEが停まるケルン中央駅のそばにあり、世界中から観光客が訪れます。オーデコロンは18世紀にここで生まれ、地ビールのケルシュも長きに渡り愛されてきました。また、サッカー・ブンデスリーガの古豪1.FCケルンも有名です。

sightseeing観光スポット

大聖堂
大聖堂Dom

世界遺産にも登録されている、世界最大のゴシック様式の大聖堂には、今も多くの人が祈りを捧げに訪れます。高さは157m、奥行き144m、幅86mもあり、見上げるとかなりの迫力。厳かな空気が流れる内部には、ルートヴィヒ1世が奉納したステンドグラスや、祭壇画「大聖堂の絵」、世界最大級の黄金細工の聖棺など、素晴らしい装飾の数々が見られます。夜、ライトアップされた姿も壮麗です。

住所
Domkloster 50667 Köln
TEL
+49 221 92584730
URL
https://www.koelner-dom.de/home/
ツァイル通り
ホーエンツォレルン橋Hohenzollernbrücke

ライン川の対岸にあるメッセ駅との間にはホーエンツォレルン橋が架かっています。鉄道と歩行者専用の橋で、この橋越しに見るライトアップされた大聖堂の眺めは、ケルンを代表する風景となっています。またここは恋人たちの願掛けのスポットとしても知られ、橋のフェンスには、恋人たちが永遠の愛を誓い、名前と記念日を記した南京錠がたくさんかけられています。

香水博物館
香水博物館Duftmuseum im Farina-Haus

オーデコロン(意味・ケルンの水)は、18世紀にケルンで生まれました。1709年にイタリア人のヨハン・マリア・ファリナが、世界で最初のオーデコロンをケルンにて製造販売し、その後、ナポレオンがこの爽やかな香りを愛し、フランスに広めたと言われています。その最古のオーデコロン工場の地にあるのが、この博物館。約300年におよぶオーデコロンの歴史を紹介しています。

住所
Obenmarspforten 21 50667 Köln
TEL
+49 221 399 89 94
URL
http://farina.org/welcome/
ローマ・ゲルマン博物館
ローマ・ゲルマン博物館Römisch-Germanisches Museum

高層ビルが見事なスカイラインを描くフランクフルト中心部で4番目の高さを誇る「マイン・タワー」。これは地上56階、地下5階のヘッセン州立銀行ビルで、54階にある展望テラスからは、ドイツ随一のモダンさを誇るフランクフルトの街並を一望できます。53階にはレストランやバーもあり、ゆったりと夕景や夜景を眺められ、観光客に人気があります。

住所
Neue Mainzer Str. 52-58 Frankfurt am Main
TEL
+49 69 36 50 47 77
URL
http://www.roemisch-germanisches-museum.de/
チョコレート博物館
チョコレート博物館Schokoladen Museum

マイン川沿いのシャウマインカイ通り約600mが「博物館通り」です。「ドイツ建築博物館」や「ドイツ映画博物館」「世界文化博物館」などアートを楽しみたい方におすすめのエリアです。そんな博物館通りにある「シュテーデル美術館」はヨーロッパの豊富な名画コレクションを誇り、所蔵数は約10万点。フェルメールやピカソをはじめ、14世紀から現代までの美術を堪能できます。

住所
Schaumainkai 63 60596 Frankfurt am Main
TEL
+49 69 60 50 980
URL
https://www.schokoladenmuseum.de/de/

shopおすすめショップ

レストラン
フリュー・アム・ドーム
フリュー・アム・ドームFrüh am Dom

ケルンに来たら、コレを飲まずに帰れない!「ケルシュ」ビールの有名店

ケルンで生まれたビール「ケルシュ」。30近くあるケルシュメーカーの中でも人気なのが、1904年創業の「フリュー」。ここが経営する「フリュー・アム・ドーム」は、2000㎡以上、ドイツで2番目に大きいビアホールとしても知られています。ここでは、ケルシュビール独特の伝統が生きています。上面発酵の明るい色のケルシュは、軽い口当たりが特徴。「シュタンゲ(棒)」と呼ばれる円筒状の、0.2L入りの専用グラスで提供されます。またグラスを空けると、注文をしなくても「ケーベス」と呼ばれるウェイターが、次々と新しいビールを運んでくる「わんこ蕎麦」のような形式もケルシュの流儀。飲めなくなったらコースターで蓋をしましょう。食事はライン地方の郷土料理を提供。牛肉をマリネしてから焼いたザウアーブラーテンなどがおすすめ。

住所
Am Hof 12-18, 50667 Köln
TEL
+49 221 26 13 215
WEB
https://www.frueh-am-dom.de
カフェ
マインカイカフェ
ミス・ペプキmiss päpki

純白のインテリアが可愛いカフェで、手作りランチを楽しんで

ベルギー地区の中心に当たるブリュッセル広場に面した絶好の立地に、昨年オープンしたばかりのカフェ。インテリアは真っ白に塗られたアンティーク調の家具で統一され、まるで砂糖菓子のようです。昼食時には、近隣のショップ店員さんたちが集まってきます。皆のお目当てはリーズナブルでボリュームたっぷりのランチ。オーナーのパプケさんが作るオリーブ入りのパスタサラダや日替わりのスープは、深いカフェオレボウルに盛られていて、一見少なく見えますが、かなりのボリューム。山羊チーズのパイ包みは、ケルシュビールの有名ブランドが作っている炭酸飲料「ファスブラウゼ」にぴったり。1つずつ違うアンティークのティーセットやお皿でサーブされるのもすてきです。

住所
Brüsseler Platz 18, 50674 Köln
TEL
+49 221 1683 4971
WEB
http://www.miss-päpki.de/
皮革製品
ハック・レダーヴァーレ
ハック・レダーヴァーレHack Lederware

職人さんが手作りする、こだわりの皮製品

創業1997年の革製品のお店。バッグや小物など、シンプルで使いやすいデザインがケルン子に人気です。オーナーのクリストフ・ハックさんは、25年以上の経験を持つ皮職人。いまもショップの裏手にある工房で、1つずつ丁寧に仕上げています。定番のシンプルなショルダーバッグ(大・小)は、帆布やスイス軍のテント生地を使い、角はスウェードで補強、持ち手にも牛皮を使っています。他にもイタリアの郵便局の集配袋をリサイクルしたバッグや牛皮のペンケースなども。また、柔らかく保温性に優れた鹿革を使った、オーダーメイドのジャケットや手袋もあります。使い込めば使い込むほど風合いがでるバッグや皮小物、旅のお供にしてみては?

住所
Maastrichter Str. 22, 50672 Köln
TEL
+49 221 2409 221
WEB
https://www.lederware.de/
香水
ファリナ・ハウス
ファリナ・ハウスFarina Haus

世界初のオーデコロンが購入できる香水博物館のショップ

世界初の「オーデコロン(ケルンの水)」を生んだ地に拠点を置く、香水博物館。その1階には小さなショップが併設されています。オーデコロンを開発した調香師、ヨハン・マリア・ファリナはイタリア人。故郷イタリアの春を思い浮かべて、この香りを調合したと言われています。爽やかな柑橘系のトップノートから、ジャスミンへと変化する、軽やかなコロン。このレシピは300年という年月を経た今も、変わっていません。ショップではこの世界初のオーデコロンが購入可能。125ml入りからお試し用のプチボトルまで。香水などに比べて香料含有料が少ないため、リフレッシュ効果が高いオーデコロンは男性にも愛用され、ナポレオンはなんと1日1本使っていたという伝説も残っています。そんな歴史に思いを馳せ、このコロンを身にまとってみませんか?

住所
Obenmarspforten 21, 50667 Köln
TEL
+49 221 3998 994
WEB
http://farina.org/museum-shop/
おみやげ屋
ケルンショップ
ケルンショップFarina Haus

ケルン定番土産をゲットするならここで

大聖堂の目の前にある、ケルン市観光局のツーリストインフォメーション。その地下1階に、ケルン市公認の「ケルンショップ」があります。階段を下りて行くと、細長い空間にケルン大聖堂の印象的な2つの塔を象った様々なお土産がぎっしりと並べられています。フルーツ味のグミや棒付きチョコレートからパスタまで。もちろん食べ物だけでなくエスプレッソカップやクッション、栓抜き……とことんケルンのランドマーク、大聖堂にこだわった品揃えは、さすが公式ショップ。世界初のオーデコロン「ファリナ」はもちろん、創業1792年で世界中で人気を呼んだオーデコロン「4711」の新ライン、サッカーチーム「1.FCケルン」のグッズなども豊富に揃えています。

住所
Kardinal-Höffner-Platz 1, 50667 Köln
TEL
+49 221 346 43 0
WEB
https://der-koelnshop.de/

周辺の街を探す