Antwerpen&Gent アントワープ&ゲント

芸術性が高くスタイリッシュな街アントワープ、水辺に壮麗なギルドハウスが並ぶゲント。

アントワープはファッションや芸術性が高くスタイリッシュかつモードな町として知られています。日本人にとっては「フランダースの犬」の舞台になった町としても有名です。作中に出てきたルーベンスの絵画もここにあります。ゲントはレイエ川とスヘルデ川が合流する地点にある、ブルージュと並ぶ北方のルネサンス発祥の地。水辺にはギルドハウスが立ち並び、現代と中世が調和した町には美しい風景が広がっています。

sightseeing観光スポット

アントワープ中央駅
アントワープ中央駅Station Antwerpen-Centraal/ アントワープ

レオポルド2世の命により、建築家ルイ・デラサンセリが設計し10年の歳月をかけ、1905年に完成しました。ヨーロッパらしい外観の駅は「世界で最も美しい駅舎」第1位にも輝き、地元の人からは「鉄道の大聖堂」とも呼ばれるほどの荘厳な建造物です。なぜ彫刻が施され、大理石、鉄やガラスでできた美しい姿になったのかというと、当時諸外国に国の権力を示すために、伝統的な職人の技と当時の最新の技術を駆使したからだとか。

聖母大聖堂
聖母大聖堂O.L. Vrouwekathedraal/ アントワープ

1352年から170年にわたり建設されたベルギー国内最大級のゴシック教会。教会内では「フランダースの犬」のネロが憧れていたルーベンスの名画『キリストの昇架』『キリストの降架』『聖母被昇天』が鑑賞できます。特に物語のラストシーンで出てきた『キリストの降架』は必見。ルーベンス以外にも数々の祭壇画が飾られているのでまるで美術館のようなゆったりとした時間に浸れます。

住所
Groenplaats 21 Antwerpen
TEL
+32 3 213 99 51
WEB
https://www.dekathedraal.be/
ルーベンスハウス
ルーベンスハウスRubenshuis/ アントワープ

17世紀バロック時代のヨーロッパを代表する画家ルーベンスが晩年の29年間を過ごした住居兼アトリエ。柱廊以外はルーベンスの住んでいた当時の絵などを参考にして再現しています。アトリエにはルーベンスのコレクション、自身と弟子の絵画が展示されています。また入口からコレクションルームに向かう途中にあるダイニングスペースに、ルーベンスが生涯で描いた肖像画4枚のうちの貴重な1枚があります。大きな噴水がつき、春になると色とりどりの花々が咲く、美しい中庭も見応え十分です。

住所
Wapper 9-11, 2000 Antwerpen
TEL
+32 32 01 15 55
WEB
https://www.rubenshuis.be/en
聖バーフ大聖堂
聖バーフ大聖堂Sint-Baafskathedraal / ゲント

初期フランドル絵画の最高傑作と言われるファン・アイク兄弟作の祭壇画『神秘の子羊』を所蔵しています。16世紀以前のフランドル絵画の特徴である徹底した描写、緻密かつ繊細な描きこみがされた祭壇画は、表裏合わせて26枚のパネルで構成されており、中央下段のパネルに、祭壇に立つキリストを現すとされる光り輝く白い子羊を天使たちが取り囲む様子が描かれています。

住所
Sint-Baafsplein, 9000 Gent 
WEB
https://www.sintbaafskathedraal.be/
鐘楼
鐘楼Belfort/ ゲント

1300年頃に建てられ、高さは約91m。世界遺産に登録されているゲントのランドマーク。16世紀に設置されたカリヨンは、44個の鐘で構成され、現在も時間になると美しい音色を奏でています。ガイド付きツアー(オランダ語・英語)で内部も見学でき、エレベーターで上まで上がれば中世の面影が残るゲントの町並が一望できます。

住所
Rue de la Régence 3 - 1000 Brussels
WEB
https://www.belfortgent.be/en/home

shopおすすめショップ

ビアレストラン
ビールセントラル
ビールセントラルBier Central

ベルギービールと一緒にボリューム満点の郷土料理を

生ビールは23種、ビールは300種以上という豊富な品揃えのビアカフェ。その中でもアントワープの地ビール「デ・コーニンク」はヴォル・オ・ヴァン(写真右奥のチキンクリームソースのパイ)に合わせるのがおすすめです。他にもブルージュ出身のシェフが手がけるムール貝やハンバーガーなどボリューム満点の料理をおすすめビールに合わせてみましょう。店内のインテリアは昔のビアカフェをイメージしているので、壁のいたるところにクラシカルで可愛らしいブリキのビール看板がかかっています。
またビールの好みを言えば店員さんが親切にアドバイスしてくれます。アントワープ中央駅にも近いので乗り換えの待ち時間の間に利用したいという人にも便利。

住所
de Keyserlei 25, B-2018 Antwerpen
TEL
+32 3 201 59 85
WEB
https://www.biercentral.be/
レストラン
グラン・カフェ・オルタ
グラン・カフェ・オルタGrand Café Horta

アールヌーボー様式建築を再利用したモダンな佇まい

ブリュッセルにあったオルタの建築「人民公会堂」の解体した骨組みを使ったレストラン。アールヌーボー様式の建築を再利用しながらお店の外観、内観は落ち着いていてモダンな雰囲気を醸し出しています。大きなツナがのってタマゴ、アンチョビと野菜をスパイスのきいたフレンチビネグレットで和えたサラダ・ニコス(ニース風サラダ)にはホップの香りが強いビール、パルム・ホップ・セレクトを、ベルギー産の小エビ(クルヴェット・グリーズ)を使ったコロッケにはパルムビールを合わせていただきます。
お客様の様々な要望に答えるためステーキからスイーツまで幅広い料理をいつの時間帯でも提供したいという思いから「Grand Café」と店名に入っています。

住所
Hopland 2 2000 Antwerpe
TEL
+32 3 203 56 60
WEB
http://www.grandcafehorta.be/
ビアカフェ
グルート
グルートGruut

醸造所のビアカフェで飲む昔のレシピで作られたビール

店名にもなっているグルートはホップがビールの材料になる以前に使われていたスパイスミックス・ハーブとのこと。13世紀にホップを使ってビールが作られるまでの、ハーブを使った数百年前のレシピを再現させた、アンバー、ブロンド、ヴィット、ブルーイン、インフェルノと特徴が異なる5種類のビール(25cl、33clの2種類)が醸造所に併設されたビアカフェでいただけます。
ゲント大学が近いこともあり、学生はもちろんのこと地元の人々も楽しそうにゲント産のサラミやハムなどのおつまみをつまんだり、ビールを飲みかわしています。

住所
Grote Huidevettershoek 10, 9000 Gent
TEL
+32 9 269 02 69
WEB
http://www.gruut.be
チョコレート
デルレイ
デルレイDelReY

小さな醸造所で造られた個性溢れるビール

「ランビックの母」という名前の店で、ブリュッセル南西にあるという空気中の天然酵母を使ったランビックビールを揃えているビア・カフェ。その中でも特に20〜30代の若手醸造家が手がけたものを多く取り扱っていることで地元の人々にも一目置かれています。 ビール写真の左からオレンジに近い色合いでまろやかな苦み、甘みが特徴のZinnebir、エール系で焙煎されたような香りのMonk's Stout、1年間に1度3ヶ月かけて漬ける完熟チェリーを使用したKriek Cantillon 、おつまみに麦芽がついてきます。その時々でお店に置いているものが変わるので、メニューの書かれた黒板を見るか、店員さんにおすすめをきいて注文してみましょう。

住所
8 place Fontainas 1000 Brussels
TEL
+32 2 503 60 68
WEB
http://www.moederlambic.com
チョコレート
ギュンター・ワッテ
ギュンター・ワッテGunther Watté

クリーミーなホットチョコレートで一息

両親がパン屋さんで自分も自然とその道を進んだというオーナーのギュンター氏が2007年にオープンさせました。おしゃれで落ち着いた雰囲気の店内入ってすぐのショーケースには34種のチョコレート、8種のトリュフ、8種のケーキが所狭しと並んでいます。ケーキのおすすめはザッハトルテ。イートインで食べれば写真のようにフルーツを添えた可愛らしい盛り付けにしてくれます。またこのお店では地元の人も絶賛する温かいミルクを自分で注いで作るホットチョコレートを。クリーミーながら程よい甘さでチョコレートはブラック、ミルク、ホワイトから選べます(写真はブラック)。サイドにはチョコレートもつきます。

住所
Steenhouwersvest 30 B-2000 Antwerpen
TEL
+32 3 293 58 94
WEB
http://www.watte.be/
カップケーキ&ケーキ
ジュリーズ・ハウス
ジュリーズ・ハウスJulie's Hous

人気のカップケーキ屋さんでゲント散策のひと休み

小さいころからお店を持つのが夢だったというゲント出身のオーナーであるジュリーさんが25歳のときに、自身のラッキーナンバーである13のついた住所にオープンさせました。ナチュラルながらちょっとメルヘンで可愛らしい店内には色とりどりのケーキ、カップケーキが並んでいます。クワルクというフレッシュチーズを使ったチーズブルーベリーケーキ(写真手前)とゲントの砂糖菓子「キュベルドン」がのったバニラキュベルドン(写真右奥)はどちらも甘さ控えめ。
またフランドル伯居城やレイエ川のすぐ側に位置しているのでゲント散策のひと休みのカフェとしても利用しやすいです。

住所
Kraanlei 13, 9000 Gent
TEL
+32 9 233 33 90
WEB
https://www.julieshouse.be/nl
ビアカフェ
ブラッセリー・アグレア
ブラッセリー・アグレアBrasserie Agrea

フルーツたっぷりのさくさくブリュッセル・ワッフル

聖バーフ大聖堂側にあるブラッセリーでは、ゲントの郷土料理やフレッシュなフルーツがのったワッフルがいただけます。ワッフルはベルギー産のイチゴを使ったものは季節限定(3月〜11月頃まで)、アイスクリームがのったバナナチョコレートワッフルは通常メニューです。共にフルーツたっぷりでボリューム満点に見えますが、ワッフルの生地は軽く、さくさくとした食感。
ゲントの郷土料理ワーテルゾーイ(チキンのクリームシチュー)には、鐘楼の上に聳える龍が目印の、コクが深いゲントの地ビール「ゴールデン・ドラーク」を合わせて。 日本語メニューもあるので注文もスムーズにできます。

住所
Sint-Baafsplein 44 9000 Gent
TEL
+32 9 233 85 00
WEB
https://www.agrea.be/
バッグ
キプリング
キプリングKipling

アントワープ発祥。おサルがキュートなバッグ屋さん

日本でも人気のあるキプリングは1987年創業のアントワープ発のブランド。昔は本店がありましたが、現在アントワープ中央駅近くの、センチュリーセンター内に店舗があります。ブランド名の由来は小説「ジャングル・ブック」の作家ラドヤード・キプリングの名前から。同小説に出てくるおサルさんをイメージしてブランド展開しています。
季節ごとにカラーや形が異なるコレクションが出ますがキプリングの特徴である、ナイロン製の生地とジッパー部分は通して同じものを使っています。最近では大人の女性をターゲットにしたシックなシリーズも出ました。モンキーマスコットもコレクションの色に合わせて出ているので要チェックです。

住所
Century Center De Keyserlei 58 - 2018 Antwerpen
TEL
+32 3 23 19 784
WEB
https://www.kipling.com/nl-nl/
ファッション雑貨
フロイ&ディント
フロイ&ディントFroy & Dind

ニューヴィンテージスタイルのレトロなテキスタイルの雑貨や洋服

アントワープ出身のアディンダさんとフロヤさんが雑貨や洋服のデザインを手がけています。気持ちが楽しくなるをもっとうにした1960〜70年代のノスタルジックでレトロなニューヴィンテージスタイル(新しく作るヴィンテージ)のデザインです。洋服や雑貨に使われている生地はトルコで作られ、オーガニックコットンや竹が入っているので肌触りも気持ち良いです。その布をベルギーで縫製しています。肌に優しいことからベビー服なども豊富に取り揃えていています。デザインは小物は年に1度、洋服は年に2回(冬・夏)入れ替わります。

住所
Nationalestraat 76-78 Antwerpen
TEL
+32 3 344 50 21
WEB
http://www.greenqueens.be/
マスタード
ティーレンタイン・フェルレント
ティーレンタイン・フェルレントTierenteyn-Verlent

根強いファンを持つ1790年創業のマスタード屋さん

ツンと鼻に抜ける香り高いマスタードのレシピは秘伝のもので、扱う種類もシンプルにつぶ有り、つぶ無しの2種類のみ。つぶ無しを注文した場合は、樽に入ったマスタードを自分の選んだ容器にその場で入れてくれます。値段は入れる容器の大きさ、ビンや陶器などタイプによって異なります。マスタードの使い方はゲント産のハムやサラミ、チーズにつけても良し、もちろん料理にも使えます。
マスタードの他にも、ピクルスのマスタード漬けや紅茶、ビネガー、お酒、胡椒など香辛料もあるのでおみやげ探しにももってこいです。

住所
Groentenmarkt 3 9000 Gent
TEL
+32 9 225 83 36
WEB
https://www.tierenteyn-verlent.be/

周辺の街を探す