Milano ミラノ

ファッションもグルメも芸術も
その全てが世界の人々を惹きつける

ミラノ・コレクションでも知られるファッションの街は、芸術も盛ん。中世にはレオナルド・ダ・ヴィンチなどによりミラノ派が生まれ、現在もコンテンポラリーアートが楽しめます。世界最大のゴシック建築のドゥオモが建ち、街自体も芸術的。旅のハイライトにはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会でダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を鑑賞してみては。
(ご注意 :「最後の晩餐」の見学は事前の予約が必要となります)

sightseeing観光スポット

ドゥオモ(ミラノ大聖堂)
ドゥオモ(ミラノ大聖堂) Duomo

全長158m、全高108.5mの世界最大級のゴシック建築。精巧な装飾はまさに芸術。数多くの彫像が飾られ、屋上には金銀細工が施された135本の尖塔があります。着工は1386年で、ミラノの君主ジャン・ガレアッツォ・ビスコンティが聖母マリアに捧げる大聖堂を、と構想したのが始まりでした。

住所
Piazza del Duomo, 20121 Milano
WEB
https://www.duomomilano.it/en/
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアGalleria V. Emanuele

ドゥオモからスカラ広場へと続くドーム型のエレガントなこのアーケードは、1865年から1877年にかけて建てられた、とても歴史あるショッピングアーケードです。現在でもグッチやプラダなどのラグジュアリーブランドや、個性的な雑貨店、カフェ、レストラン、書店などが建ち並び、いつも多くの人が訪れています。

住所
Galleria Vittorio Emanuele II, 20121 Milano
レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』
レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』 (サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会)
Cenacolo Vinciano(Santa Maria delle Grazie)

絵画『最後の晩餐』は、ゴシック的ファサードも美しいサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に収蔵されています。『最後の晩餐』はダ・ヴィンチが1494年から4年ほどかけて描いたテンペラ画。キリストが弟子の中に裏切り者がいることを告げた直後が描かれ、世界遺産にも登録されています。『最後の晩餐』の見学は完全予約制。

住所
Piazza Santa Maria delle Grazie, 2, 20123 Milano
TEL
+39 02 92800360(オペレーター対応)
WEB
https://cenacolovinciano.vivaticket.it/
スカラ座
スカラ座Teatro Alla Scala

イタリアオペラ界最高峰の歌劇場。創建は1778年ですが現在の建物は1946年に建て直されたもの。古典から現代的なものまで上演され、夏はコンサートやバレエが上演されます。公演にタイミングが合わない場合は、ぜひ内部にあるスカラ座博物館へ。衣装や楽譜などが展示されていて、たっぷりと楽しむことができます 。

住所
Piazza della Scala 2, 20121 Milano
TEL
+39-02-8879473
WEB
http://www.teatroallascala.org/en/index.html
ブレラ地区
ブレラ地区Brera

ブレラ美術館やリソルジメント博物館、美術大学、おしゃれなギャラリーなどもありアーティスティックな雰囲気。おしゃれなカフェ、レストランなどが多く、洗練された人が集まるエリアです。夜になればお気に入りのジェラテリアやバールでおしゃべりに興じる若者の姿も多く見られ、イタリアらしい陽気な雰囲気を味わえます。

住所
Via Brera

shopおすすめショップ

イタリアン
カーサ・テゥア・オステリア
カーサ・テゥア・オステリアCasa Tua Osteria

味わい深い本格派トスカーナ料理をリーズナブルにいただけるランチが人気

トスカーナの伝統料理をモダンタッチで提供するイタリアンレストラン。味があっさりしていて日本人好みです。1階と地下のワイン貯蔵庫のようなスペースには、オーナーの趣味によるアンティークの看板や家具が置かれ、まるでイタリア人のお宅に招かれたよう。平日のランチメニューはパスタから1種とメインから1種を選ぶスタイル。ミネラルウォーターとハウスワインが1杯、食後のエスプレッソもついてお得です。ディナーは、生パスタ、料理などアラカルトが豊富。ワインで煮込んだビーフシチューも評判。パンを玉ねぎとビネガーで混ぜたパンツァネッラも、さっぱりとしていておすすめです。ビールやワインはありますが、ジュース類はありません。人気のレストランなので、予約することをおすすめします。

住所
Via Muratori angolo Via Corio, 20135 Milano
TEL
+39 02 5514269
WEB
http://www.casatuaosteria.com/
イタリアン
アンジェロズ・ビストロ
アンジェロズ・ビストロAngelo's Bistrot

有機栽培の食材とアジアンテイストを融合させたオリジナル料理がいただける

店名はオーナーの名前から。ファッション関係の人も多く訪れる知る人ぞ知るビストロです。有機食材にアジアンテイストの調味料や料理のアイディアをミックス。3週間おきに変わるベジタリアンミックスメニューや旬の素材にこだわった日替わりメニューも評判です。2009年4月に開店したこぢんまりとしたお店ですが、有名レストランでの経験を持つシェフが腕を振るう料理はまさに本格派。メニューはイタリア語ですが英語も通じます。ズッキーニとミントのクリームスープ、水牛のモッツァレラチーズとトマトのカプレーゼサラダなど。

住所
Via Savona 55, 20144 Milano
TEL
+39 02 45548642
WEB
https://www.angelos.it/
ジェラート
リヴァレーノ
リヴァレーノRIVARENO

イタリアの大地の恵みいっぱいの極上のジェラートを召し上がれ

NY出身の奥様とボローニャ出身のご主人が設立したジェラテリア。クネオ渓谷で育つ牛から取れる牛乳やピエモンテ産のヘーゼルナッツ、ミント、シチリア産のピスタチオなど厳選素材を使用しています。そんな自然の恵みいっぱいのジェラートは、他では味わえない格別なもの。フレーバーは、リヴァレーノのスペシャリティーとイタリアのトラディショナルテイストがそれぞれ10種類以上。また、さっぱりとしたシャーベットもあり、なかでもマンゴーとヨーグルトが入ったMango Heeraや、バニラ味のイタリアンアルペンクリームを使用したFior di pannaがおすすめです。毎日種類が異なるので、滞在中に何度行っても違った美味しさに出会えます。店名はボローニャの川「Rivareno(レーノ川 の川岸)」に由来。この店は2号店で、本店はViale Col di Lana通りにあります。

住所
Via Mercato 20, 20121Milano
TEL
+39 02 89096631
WEB
https://www.rivareno.com/en/
ファッション・雑貨
ティーローズ
ティーローズtearose

雑貨からアパレルまで、ハイクオリティのライフスタイルを提案するセレクトショップ

1店名はティーローズの花の香りから。化粧品やマッサージオイル、洋服や食器など豊富な品揃えを誇る2006年9月にミラノにオープンしたセレクトショップです。色使いなどにミラノらしいセンスを感じさせる、モダンでハイセンスなライフスタイル雑貨に出会えます。ファッションも定番をおさえながらも美しいカッティングで大人のラグジュアリー感を演出。パーティー用に一着購入してみてもいいかもしれません。そんなアパレルはすべてレディス。また、カラダも家具も洗えるオーガニックな石鹸など面白いコンセプトの商品もあり、いつも違った発見に出会えます。アルマーニショップの目の前にあるので、きっとすぐに見つかるはず。ローマやモンツァにも同じコンセプトのセレクトショップを展開しています。

住所
Via Alessandro Manzoni 27, 20121 Milano
TEL
++39 02 86998767
WEB
http://www.tearose.it/boutiques/en
デリカテッセン・カフェ
ペック
ペックPECK

ミラネーゼ御用達の人気デリでお買い物の後は、ドルチェとコーヒーで小粋なひと休み

おいしいものがいっぱいのデリカテッセンで、地元っ子気分で買い物をしたり、お茶をするのは楽しいもの。そこでおすすめがこちら。その歴史は1883年まで遡ることができる、ミラノを代表するデリカテッセンです。地下に5000種を越えるワインを収蔵したワインセラーがあり、1階はミラノの高級食材を扱う名店デリカテッセンショップ。スイーツコーナーも充実しています。2階はご贈答用のパッケージで包んである高級食材の販売コーナーがあるほか、奥にはカフェもあります。そのカフェは朝食のコーヒーからクイックディナーまであらゆるフードシーンに対応してくれるので、観光客が利用するのにもとっても便利。各種コーヒー、紅茶や緑茶、エノテカのほか常時30種のドルチェがあり、アフタヌーンティーも楽しめます。

住所
Via Spadari 9, 20123 Milano
TEL
+39 02 8023161
WEB
https://www.peck.it/en
オーガニック製品
シルヴィア
チェントロ・ボタニコCENTORO BOTANICO

オーガニックの食品や雑貨が揃った今、ミラノ女性にとても人気のお店

有機農法や低農薬商品を集めた、ナチュラルな暮らしを愛する人のためのスーパーマーケットです。ビオ食材、ビオワイン、自然派コスメなどに加え、冷蔵商品(季節により販売)、子供服やインテリア商品なども揃っています。薬草医が常駐している薬局のコーナーもあり、症状に合わせて無農薬のオイルなども推薦してくれます。良心的な商品を置きながら手頃な価格で提供してくれるのもうれしい限り。時々、大人にも子供にもやさしい無農薬についてのイベントなども店内で開催。

住所
Via Cesare Correnti 10, 20123 Milano
TEL
+39 02 72023525
WEB
http://centrobotanico.org/
ファッション雑貨
ウォック・ストア
ウォック・ストアWOK Store

遊び心を感じる個性派アイテムがいっぱい。気鋭のデザイナーズを揃えた話題の店

フェデリカ・ツァンボンとシモナ・ギタレッラの2人のオーナーが、アーティストやデザイナー達の表現とアイディアの発信地にと作り上げたショップです。2007年にオープンして以来、個性豊かなファッションを発表してきました。また、商業ベースにはまらないアートや音楽イベントなども開いているので、タイミングがあえばミラノの最先端カルチャーを楽しめるかもしれません。店名のWOKは中華鍋を意味し、色々な文化を一緒に表現したいという意味が込められています。ロンドンなどヨーロッパ各地発のアヴァンギャルドな作品や、ナイキやカステルバジャック等のメインストリームなものまで独自のセンスでミックスさせてしまいます。

住所
SViale Col di lana 5a 20136 Milano
TEL
+39 02 36568742
WEB
http://wokstoremilano.tumblr.com/
ステーショナリー
カンポ・マルツィオ・デザイン
カンポ・マルツィオ・デザインCampo Marzio Design

イタリアらしいクラフトマンシップとデザイン性が香る上質な万年筆を

1939年にローマで創業したペンやステーショナリーのブランドです。歴史とクラフトマンシップを大切にしながら様々なバリエーションが増え、2000年にはヴァチカン美術館のためにスペシャルコレクションの万年筆を発売。一生ものになるような高級品から、カラフルでポップなボールペンなどがあり幅広い人に愛されています。2006年からはイタリア国内をはじめ、ヨーロッパやアジアへも店舗展開が始まりました。ここミラノ店でもイタリアらしいデザインのステーショナリーやバッグ、万年筆など豊富な品揃えを見ることができます。プロダクツの柄やカラーはビビッドなものからエレガンスもの、マーブル柄まで多彩です。レザー小物も揃っているのでお土産にも最適です 。

住所
Corso Garibaldi 60, 20121 Milano
TEL
+39 02 29002453
WEB
https://www.campomarzio.store/

周辺の街を探す