Provence プロヴァンス地方

豊かな自然に囲まれたこの地方で
ライフスタイルとアートに触れ、癒される

フランス王国に併合される前まではブルゴーニュ公国や神聖ローマ帝国にも統治され、その名称も植民都市を意味する「プロヴィンキア」から来ています。豊かな自然が息づくこの地にゴッホやセザンヌなどの印象派画家たちが惹かれ、多くの作品を残しました。交錯する歴史の中でプロヴァンスの独自文化が生まれ、ハーブやワインなどでも名を馳せています。アートはもとより地産食材を誇る料理でも、訪れる人々を魅了してやみません。

sightseeing観光スポット

ゴッホの夜のカフェテラス
ゴッホの夜のカフェテラス Café Van Gogh/アルル

アルルの星空を背景に、カフェテラスの灯りに集う客たちや街の様子を描いたゴッホの名作、「夜のカフェテラス」(1888年作)。そのモデルとなったカフェを改築したのが「Café Van Gogh」です。テラスでお茶をしながらひと休みすれば、まるで名画の中にいるような気分に。「夜のカフェテラス」は、ゴッホのコレクションで知られるクレラー・ミュラー美術館(オランダ・ヘルダーラント州)に収蔵されています。

住所
11 Place du Forum, 13200 Arles
エスパース・ヴァン・ゴッホとゴッホの跳ね橋
エスパース・ヴァン・ゴッホとゴッホの跳ね橋Espace Van Gogh & Pont Van Gogh/アルル

ゴッホが「アルルの治療所の庭」に描いた中庭も当時と同様に復元されたエスパース・ヴァン・ゴッホ。ゴッホは有名な“耳切事件”の際、切り落とした左耳たぶの治療の為にこの病院に2週間入院しました。また、アルル市内から車で約10分ほどの郊外にある、紀元前1世紀に古代ローマ人により作られたアルル運河に掛かるラングロワ橋も、ゴッホの絵のモデルとなった橋。「ゴッホの跳ね橋」として有名です。

[エスパース・ヴァン・ゴッホ]

住所
Place du Docteur Félix Rey, 13200 Arles
円形闘技場
円形闘技場(アレーナ)Les Arènes/アルル

1981年にユネスコ世界遺産に指定され、古代ローマ時代で剣闘士競技などが開催されていたとされる円形闘技場のひとつ。紀元80-90年の建築。現在アルルに残るローマの遺築の中では最大規模。世界に幾つか残る古代円形闘技場の中でも特に保存状態が良い為、闘牛場、コンサート会場として利用されています。当時2万人収容していた3層の観客席は、現在2層のみが残っています。入り口上方の塔から見下ろせるアルル市街とローヌ川は絶景です。

住所
Rond Point des Arénes 13200 Arles
TEL
+33-891-70-03-70
エクス・アン・プロヴァンスの噴水
エクス・アン・プロヴァンスの噴水Fontaines d’Aix-en-Provence/エクス・アン・プロヴァンス

画家ポール・セザンヌの故郷として知られ、また水の街としても愛される長閑で静かな観光地、エクス・アン・プロヴァンス。この都市にはミラボー通りにある1860年に建てられたラ・ロトンド大噴水をはじめ、4頭のイルカの噴水など数えきれないほど、街中に噴水が点在しています。芸術や文化の香りが漂うこの街角で、噴水を見つけながら散策するのもよいかもしれません。

サン・ジェルマン・デ・プレ教会
マルシェMarché/エクス・アン・プロヴァンス

エクスのマルシェでショッピング!エクスには色々なマルシェが立ちます。市庁舎近く、リシュルム広場の青果市場では、毎朝生鮮野菜などが一堂に揃い、スパイスやハーブ、瓶詰めオリーブなどを味見しながら選べます。市庁舎前の広場では花市も開催され、季節の花々を見ているだけで癒されます。裁判所前のヴェルダン広場には食品や雑貨、アンティークなども大集合。ちょっとエクスっ子になって、ライフスタイルを体験したらいかがでしょうか?

shopおすすめショップ

南仏料理 & 仏料理
ブラッスリー・レオポルド
ブラッスリー・レオポルドBRASSERIE LEOPOLD

食材を問わない本場のプロヴァンス料理をリーズナブルに

ホテル・サンクリストフの1階にある1936年創立のレストラン。レストラン名レオポルドは創始者の名前に由来します。ミラボー通りから徒歩5分以内で観光局の傍らにあります。プロヴァンス&フランス各地の伝統料理など定番の他に、日替わりの前菜、メイン料理、デザートをお見逃しなく!
この日は、赤ワインボトルとともにアラカルトでプロヴァンス風野菜のファルシ、ブイヤベース風のあんこうのブリード、プロヴァンス伝統料理の鱈のアイオリをオーダー。デザートやコーヒーまでゆっくり食べ、3人分の合計金額約100ユーロでした。本格的なプロヴァンス伝統料理をカジュアルな雰囲気と本物の味で楽しめるレストランです。いつも混んでいるので予約した方がよいでしょう。

住所
2, avenue Victor Hugo 13100 Aix-en-Provence(Hôtel Saint Christophe)
TEL
+33 4 42 26 01 24
WEB
http://www.brasserieleopold.com/fr/index.php
カリソン老舗
レオナール・パルリ
レオナール・パルリLEONARD PARLI

130年の歴史。受け継がれる銘菓カリソンの老舗

1874年からエクス・アン・プロヴァンスで続くカリソンの老舗。カリソン型の可愛らしいパッケージに、カリソンがぎっしり詰まったパッケージはサイズも色々。一番小さな44gから230g、380g、500g・・2kgまであります。ミニチュアサイズのカリソンが詰まったパッケージも人気です。
その他、お好みのスイーツの詰め合わせなど、お客様のご要望にお応えできると自信満々。アーモンド入りのヌガー(白・黒)はグラム売り。その他、チョコレートやフルーツコンフィ(砂糖漬け)も有名です。コンフィの他、イチジクのジャムなどオリジナルの瓶詰めも用意されています。

住所
35, av. Victor Hugo – 13100 Aix-en-Provence
TEL
+33 442 26 05 71
WEB
http://www.leonard-parli.com/
スパ & エステ
テルム・セクスティウス
テルム・セクスティウスTHERMES SEXTIUS

紀元前1世紀の古代ローマの源泉地にできた療養温泉スパ

ホテル「Aquabella」に隣接した療養温泉スパ&エステ。施設の下には紀元前1世紀に古代ローマ人が見つけた源泉と古代共同浴場の跡地があり、その温泉水も療養に利用しているとのこと。トリートメントコースも豊富で、ボディケアの「Forfait Mise en Beauté 4 soins(フォルフェ・ミーザン・ボーテ・キャトル・ソワン)」では、温泉湯を使ったハンドマッサージ、塩のスクラブ、泥パックなどが受けられます。植物性アロマコスメ、NUXE(ニュクス)を使用したフェイスケアと、手足、背中のマッサージがセットの1時間20分コース「Soin Visqge de Nuxe(ソワン・ヴィザージュ・ドゥ・ニュックス)」もお得感あり。男性にはスチームチェアで肌の老廃物をすっきり取ってから、泥パックを受けるのがおすすめ。水着とサンダルをご持参ください。
※水着とサンダルはスパでも購入できます。

住所
55, avenue des Thermes 13627 Aix-en-Provence
TEL
+33 4 42 23 81 85
WEB
https://www.thermes-sextius.com/

周辺の街を探す